勝手にふるえてろ 前売り券の購入方法と特典は?コンビニで買える?

スポンサードリンク

12月23日公開「勝手にふるえてろ」。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を松岡茉優主演で映画化!

ムビチケや特典はあるの?コンビニ(セブン・ローソン・ファミマ)で買える?など、前売り券情報をまとめました。

スポンサードリンク



「勝手にふるえてろ」の前売り券(ムビチケ)の特典は!?

前売り券(ムビチケ)には限定特典がついてくることがありますね!

特典があるとちょっと得した気分になりますよねー

 

「勝手にふるえてろ」の前売り券特典は・・・

 

 

オリジナル付箋

 

 

 

付箋って何かと使えますよね( ◠‿◠ )

会社で、同僚や上司に「○○さんから電話ありました」とか、

書類にひとこと「宜しくお願いします」とつけておくだけでも印象がアップ!(?)

でも、「勝手にふるえてろって何?」と突っ込まれてしまうかもしれませんね(笑)

 

24年間彼氏なし、絶滅した動物(アンモナイトとか)が好き、中学時代の同級生に10年間片思い中・・・

と、なかなかヤバめのこじらせ女子を松岡茉優さんが演じます。

片思いの相手役には「君の膵臓を食べたい」で注目を集めた北村匠美、

脇を固める俳優陣も前野朋哉(auの三太郎シリーズの一寸法師の人です)や片桐はいりなど、味のあるメンバーが詰まっています!

 

 

 

そもそも前売り券って何?【勝手にふるえてろ】

前売り券とは映画公開日前日まで販売されている映画の鑑賞券のことです。

 

良いところ

・ちょっと安く買える。価格は一般1400円

・前売り券限定特典が付くことがある

 

悪いところ

・基本的に払い戻しができない

・買っただけで席が確保されるわけではないので、

 自分でネットか劇場で座席指定しなければならない

 

つまり

前売り券購入 ⇒ 座席指定 ⇒ 当日鑑賞

というステップを踏まなくてはいけないんですね。

 

安く買えたり特典が付くというメリットはありますが、

座席指定の手間も増えてしまうんですね。

でも使い方についてまとめた記事も後半で紹介しているので安心してください!

 

 

 

「前売り券を買おうと思っていたけど公開日を過ぎてしまった!」という人は

この方法で簡単に座席指定できちゃいますよー(^^♪

 

スポンサードリンク

前売り券(ムビチケ)の種類は?コンビニで買える?【勝手にふるえてろ】

前売り券には大きく分けて2種類あります。

① 全国共通鑑賞券:劇場で座席指定するタイプ

1つ目は「全国共通鑑賞券」。昔からある紙のタイプの前売り券ですね。

劇場に行って座席指定しなくてはいけません。

 

 

【販売場所】

 ・各コンビニ(セブン、ローソンなど)

・一部劇場

 ・通販

 

② ムビチケ:ネットで座席指定するタイプ

2つ目は、近年主流になってきている「ムビチケ」です。

ネットで座席指定が出来る前売り券になります。

mubitike

ムビチケの中にも、買える場所によって

ムビチケカード/ムビチケコンビニ券/ムビチケオンライン券

の3種類があります。 (使い方はどれも同じです)

 

 

ムビチケカード:カードが手元に残るタイプです、記念に欲しい人は是非。

【販売場所】

 ・一部劇場

 ・通販

 ※ 11/25時点 本作のムビチケカードの販売はありません。

 

 

ムビチケコンビニ券:座席指定に必要な暗証番号が書かれた紙です。

【販売場所】

 ・セブンイレブン

 

 ※ 11/25時点 ムビチケコンビニ券の販売はありません。

img5120784488312

 

ムビチケオンライン券:座席指定のための暗証番号情報です。

【販売場所】

 ・ムビチケサイト

 ・amazon

  ※ 前売り券特典はついてきません

 

「勝手にふるえてろ」の前売り券の選択肢は・・・

ということでまとめると、「勝手にふるえてろ」の前売り券の選択肢は、

 ・全国共通鑑賞券一部劇場通販で買うのみ

 

※ 11/25時点(個人調べのため、古い情報、誤った情報もあるかもしれません、ご理解ください)

となりそうです。

 

 

残念ながら今作はコンビニ(セブン、ローソン、ファミマなど)での販売はなさそうです。

 

本作は上映劇場もやや少なめなので、まあマイナー映画ということになるかもしれませんが

11月3日に行われた第30回東京国際映画祭で、コンペティション部門と観客賞をW受賞した実力作品なのです!

観客賞は日本映画としては2014年の「紙の月」以来の快挙だということで、

早い話が、おもしろいらしいですよ!!!

現実の恋愛か?妄想の恋愛か?という間で揺れ動く主人公の心情に、多くの観客が共感したようです。

これは見に行かなくては!!



スポンサードリンク
【あわせて読みたい関連コンテンツ】

映画が好きな方々の居心地の良い交流サイトを目指しています。
映画の情報や感想など、コメントにどしどし書き込んでいただけると幸いです。コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。

※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性がある点はご了承くださいm(__)m

コメントを残す