インクレディブル・ファミリー の上映期間はいつまで!?

スポンサードリンク

じゃあ「インクレディブル・ファミリー」はいつまで上映するのよ!?

手がかり1:そこそこヒット中

こちらは公開1週目の週間観客動員数のランキングです。

 

4位にランクイン!

最初の土日2日間で動員33万2000人、興行収入4億2200万という成績です。

この数字が多いのか少ないのか?というところですが、最近ヒットしたアニメ映画と比較してみると

『リメンバー・ミー』が約36万人/4億ちょっと、『ドラえもん のび太の宝島』が約71万人/8億ちょっと(最初の土日の記録)で

ディズニーのアニメーション映画としては平均的なヒット度なのかな?という印象ですね。

ちなみに『リメンバー・ミー』は初登場2位で、翌週は追い上げて1位に返り咲いています。

本作も最新のランキングでは3位とランクアップしているので、まだまだ伸びしろがありそうです!

 

 

 

となると、上映期間は1か月半程度、時期でいうと9月中旬ころまでではないでしょうか?

 

 

手がかり2:上映回数は比較的多い

大手映画館の上映スケジュールをいくつか見てみると、本作の上映回数は1日5~7回となっており、比較的多いといえます。

ランキングの近い他の作品も、洋画やアニメ映画に関係なくほぼ同じくらいの回数となっています。

やっぱり夏休みなので映画館も気合を入れて上映していますね!!(笑)

気持ち、ふだんよりもアニメ映画の上映回数が多いような印象です。この時期の映画館は賑やかですからね~・・・(^^;

 

手がかり3:9月前半にかけて大作の上映が控えている

 

今後の上映スケジュールを見てみると、8月後半にはスタジオポノックの「ちいさな英雄」、

9月前半にはディズニーの新作「プーと大人になった僕」の上映が控えています。

『ちいさな英雄』は、『メアリと魔女の花』のスタジオポノック最新作、しかも今回は短編を3作も見られる内容になっているそうで

年齢性別問わず注目度の高い作品です。

わたしもジブリを見て育った世代なので、ジブリの作風を受け継ぐポノック作品には常に興味があります(*’ω’*)

新しいアニメ映画が次々と誕生しても、やっぱりコレは見ておきたい!という日本人は多いのではないでしょうか。

本作と比べると洋アニメと和アニメという雰囲気の違いはありますが、多少は客層が流れる可能性がありそうです。

 

『プーと大人になった僕』は、本作と同じディズニー作品。

実写ですが、誰もが知っている「クマのプーさん」と、大人になったロビンの物語です。

本作より大人向けな感じなのでそんなに影響はなさそうですが、この作品が9月上旬に公開されるということは

ディズニーとしても本作の上映期間を9月半ばくらいまでと見越しているのかな?という気もします。

ディズニー作品が同時期に2つ以上公開されることはあまりないですからね。

 

 

 

以上の手がかりから当サイトでは、

確実に見たいのであれば9月上旬頃までに見に行くことをおススメします。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

2018年9月10日追記

公開から1か月と1週間が経過しましたが、

TOHO系など一部早いところでは9月13日までで上映終了を打ち出しているところがあるようです。

まだ終了を告知していないところでも上映回数が一日1~2回程度まで落ちているので、全国的な終了も近そうです。

予想通り、9月半ばをすぎたあたりで終了となりそうですね。まだ見に行っていない方はお早目に!

「インクレディブル・ファミリー」上映期間まとめ

最初にも書きましたが、映画の上映期間は各映画館によって異なるため

この予測はあくまで目安でしかありません。

正確な日付は各映画館のホームページを確認してみてくださいね(^^♪

 

日々更新中!最新映画の前売り券情報はこちらをチェック!

最新映画前売り券情報!



PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
【あわせて読みたい関連コンテンツ】

コメントを残す