『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の感想と評価(ネタバレあり)

スポンサードリンク

あの名作『ハリーポッター』シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(以後ファンタビ)』を観てきました!ハリーポッターより面白いという宣伝文句は本当なのか?私個人の感想や、いろいろな評価をまとめました。(ネタバレあり)

スポンサードリンク



『ファンタビ』ってどんな話?

fanta-1

舞台は「ハリーポッター」シリーズの約70年前、アメリカ・ニューヨーク。

主人公のニュート・スキャマンダーは、「ハリーポッター」シリーズの劇中で使われていた教科書「幻の動物とその生息地」の著者です。

ニュートはある目的を果たすため、異次元とつながる魔法のトランクとともにニューヨークへ降り立ちますが、トランクの中から魔法動物(ビースト)たちが逃げ出してしまい、街は大騒ぎになってしまいます。そして、魔法省や謎の組織から追われる身となってしまう・・・。

というストーリー展開になっています。

 

『ファンタビ』の見どころ(ネタバレ注意)

fanta-2

この映画の見どころはなんといっても、魔法で溢れるファンタジックな世界観でしょう。主人公のニュートはトランクの中でたくさんの魔法動物を飼っているのですが、それらが姿を現した時の迫力や輝かしさは是非映画館で見てほしいです。

 

CMにも少し出ていましたが、巨大なサイ(に似た魔法動物)が追いかけてくるシーンのハラハラ感や、鳳凰のように美しく大きな鷲(に似た魔法動物)が羽を広げるシーンは圧巻です。そしてそのようにわくわくさせてくれる魔法だけではなく、人の命を奪うような恐ろしい魔法も登場します。光と闇が共存する魔法の世界はまさにハリーポッターシリーズを彷彿とさせます。ハリーポッターの原作者J・K・ローリングがはじめて脚本まで手掛けた作品ということでも話題になっています。

 

それから、劇中に登場してくるたくさんの魔法動物、彼ら自体がとても魅力的でチャーミングです。トランクから逃げ出した魔法動物がニュートと追いかけっこをするシーンが冒頭からはじまるのですが、ニュートに見つからないように頑張っている姿や、つかまってしまってからのやりとりも可愛らしいです。動物好きな方にとってはたまらないでしょう。

 

そして、物語の終盤にジョニー・デップが出演していることも各所で噂されていましたが、本当でした。今回の話だけではジョニー・デップの役割がよく分からないまま終わっていますが、今後5部作制で作られていくという話なので、これから重要な人物となっていきそうです。

 

スポンサードリンク



『ファンタビ』を見終えて・・・個人的感想

fanta-1

ハリーポッターシリーズの続編ということで期待していたのですが、正直な感想は「ハリーポッターのほうが断然面白い」でした。

「ハリーポッターとはまったく別の話だな」とも思いました。もちろんこの映画の中にはハリーもロンもハーマイオニーも登場しませんし、ダンブルドア先生の名前が一瞬出てきた程度でした。舞台もホグワーツの魔法学校ではなく、ノー・マジ(魔法が使えないふつうの人間のことを劇中ではこう呼んでいます)が暮らすごく当たり前のニューヨークの街並みなので、悪い言い方をすれば、ちょっと魔法が出てくるふつうの洋画といった感じです。

 

主人公のニュートはイケメンだなと思いましたが、少年というよりは青年と呼ぶべき年齢です。ヒロイン役の女優さんも美人なタイプではなく(その妹のほうが美人という・・)、ニュートよりも年上に感じられる雰囲気だったので、今後の2人がいい関係になるようなことも想像しづらかったですし(でも、そうなるらしい)、ハリーポッターのキャストと比べて見劣りがすると感じてしまったのかもしれません。

 

『ファンタビ』を見た人の評価いろいろ(ほぼネタバレ)

【良い評価】

・主要登場人物がみんなとても魅力的。かなり面白かった。

・学生が主体で、未熟な魔法使いが多かったハリーポッターよりも、成熟した魔法使いが多くて、魔法が楽しめた。さらに、コメディ色が強くて、ちょっと微笑ましい演出が多くて楽しめる(^^)b
正直、ハリポタより全然良かったです(^^)b

・とにかく、魔法動物がカッコよくて可愛い!その一言につきます。どうしたらあんなに愛おしい魔法動物達を生み出せるのか、今のCGは凄いと感じました。

・メインキャスト一新して全く別物になるかと思いきや、全然ハリーポッターだった!おなじみの呪文とか出てきてテンション上がるし、キラキラファンタジーな世界観とダークな世界観の二面性は相変わらずでワクワクドキドキハラハラしながら観れる!

引用元:http://eiga.com/movie/82276/review/

 

【悪い評価】

・主役の表情が固くて、顔アップのシーンだと何考えてるのか解らず…(°Д°)設定だったのかしら?

・ハリーポッターと桁違いにつまらない。CG技術の披露会が2時間あると思ったら良いです。ストーリーは浅いし、人間性も複雑にした結果薄っぺらい。

・CGがなければ成立しない上に、ポケモンハンティングしてるような薄っぺらい作品。別にあんな作り物の動物たちをだらだらと観せられてもねえ…

・他のレビューにもあるようにハリポタシリーズとは別物って感じ。前半は展開がじれったすぎてイライラ。後半で多少持ち直した感じはしたが、よくある展開だしツッコミどころ満載で、全体的にはつまらなかったかな。。

引用元:http://eiga.com/movie/82276/review/

 

良い評価をしている人たちは、やはり魔法動物や風景の迫力(CG技術)に感動したり、魔法が使われること自体へのわくわく感が強かったようです。ハリーポッターの中に出てきたものと同じ呪文が使われていたとは、私も気が付きませんでした・・・。ハリーポッターシリーズを本当にしっかり見てきた人にとってはファンタビは面白くないはず、という意見がある反面、熟読(熟鑑賞?)してきたからこそ分かる面白ポイントもあるのですね。

また、悪い評価の中でちらほら見られたのが、「ゴキブリが・・・」というコメントでした。(笑)ファンタビの劇中では、魔法動物を捕まえるためにゴキブリをエサにおびき寄せるというシーンがあるのです。スローモーションでゴキブリが巨大に映し出されたので、苦手な人にとっては耐え難いシーンだったと思われます。主人公が逃げた魔法動物を次々と捕まえていく展開から、ポケモンやモンスターハンターみたいという意見も多かったです。

 

評価は人それぞれなので、まだ見ていないという人は映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク
【あわせて読みたい関連コンテンツ】

コメントを残す