さかなくんファインディング・ドリーで本編監修&声優に! 本名,名言は? 結婚してるの?

スポンサードリンク

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」で本編監修と声優をつとめるさかなくん!

今回はさかなくんにスポットを当て、本名や名言、結婚の噂をまとめました!

スポンサードリンク



さかなくん、ファインディング・ドリーで本編監修と声優に抜擢!

ディズニー映画「ファインディング・ドリー」でさかなくんが本編監修と、声優として出演することが決まったそうです!

sakana

さかなくんにぴったりなお仕事ですね!本編監修では、海洋生物の修正や特徴、日本語での海洋生物の表記など、専門家らしい視点で観衆を担当するそうですよ!そしてマンボウ役で声優を担当されるということです!ちなみにマンボウはさかなくんの帽子のハコフグと同じフグ科だそうです(笑)マンボウってフグ科なんですね、魚の世界は奥が深そうです(;^ω^)(笑)個人的にマンボウって野太い声しているイメージがあるのでさかなくんの甲高い声でどう表現されていくのか楽しみにしたいと思います(^^♪

さかなくんの解説するファインディング・ドリーの予告動画はこちら!

さかなくんしばらく見ないと思ったらなんか年取りましたねぇ。さかなくんて今何歳なんでしょうか?その他のプロフィールも含めてまとめてみました!

 

さかなくんのwiki風プロフ!本名、年齢は?

さかなくんは、魚類学者でタレント、イラストレーターでもあります。

sakanakun

さかなくんは1975年生まれの現在40歳!もう40歳になりましたかー。かなり前から活動されているイメージがあったので感慨深いものがあります(笑)さかなくんは東京生まれ神奈川育ち、中学三年生のころ、学校で飼育していたカブトガニの人工孵化に成功したことで新聞に取り上げられ、頭角を現してきます。そしてさかなくんのブレイクするきっかけとなったのはテレビ東京の「TVチャンピオン」ですよね!「全国魚通選手権」で5連覇を達成し、有名になりました。その後、魚に関するアルバイトを転々としていたさかなくん、下積み時代といったところでしょうか。たまたま書いたイラストが目に留まったことでイラストレーターとしての仕事が来るようになり、事務所に所属するように!そして2006年、東京海洋大学客員准教授に就任することになります。さかなくんの子供のころからの夢は水産大学の先生になることだったそうなので、見事夢をかなえたかたちになります!さらに2012年、海に関する研究や啓蒙活動に貢献したことで内閣総理大臣賞を受賞されたそうです!小さいころから魚好きを一貫して夢をかなえて、素敵な人生を歩んでこられていますね!

そんなさかなくん、本名は宮澤正之(みやざわまさゆき)さんというそうです!誠実そうなお名前ですね!

 

さかなくんって結婚してるの?

御年40歳になるさかなくんですが、結婚されているのでしょうか。調べてみると、公式にはその辺の交際関係は発表されていないようです。ネットでは「一般女性と結婚している」とか「離婚した!?」とかいろいろと噂はあるようです。さかなくんは、子供たちからのイメージや、夢を壊さないことを大事にしているようなので、もし結婚されていたとしても公には明かさないのかもしれませんね。さかなくんらしいのではないでしょうか(^^♪

 

さかなくんの名言集めてみた!

さかなくんは、魚に例えてわかりやすくも深い名言を数々のこしているそうです!そんな名言をちょこっと集めてみました。

海の生物には、その生き物ならではの役割があり、上手に棲み分けがされているんです。まったく違う生き物同士で役割分担して助け合うように生きている、クマノミとイソギンチャクの仲間。ハゼの仲間とテッポウウオの仲間。また、掃除魚と呼ばれるホンソメワケベラのようなお魚もいます。人も同じで、それぞれの人が自分の役割を果たすことで社会が成り立っています。これは自分の得意分野だ、譲れない、というものをひとつでも持って、誇りをもってお仕事をすると、きっと楽しくなると思います。

深い、深いですよー。人間も魚も、生態系、社会という部分で共通しているものがあるのでしょうね。自分の道を突き進んできたさかなくんだからこその名言ではないでしょうか。次はちょっと長いです。

 

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。
でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。
広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。
~中略~
ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

これはいじめられっ子に向けたメッセージですね。さかなくんも小さいころは変わり者だったことからいじめられていたそうです。深いですね、いじめられっ子だけではなく、大人の人にも響く名言だと思います(´;ω;`)

 

そんなさかなくんが本編監修・声優として出演するファインディング・ドリーについてはこちらの記事でもまとめていますよー!

【ファインディング・ドリー】前売り券(ムビチケ)の購入方法と特典は!? コンビニで買えるぞ!!    

【ファインディング・ドリー】公開日は?あらすじは? 予告動画アリ!



スポンサードリンク
【あわせて読みたい関連コンテンツ】

コメントを残す