【アーロと少年】wiki風に紹介!あらすじ・公開日・原題・予告動画アリ

スポンサードリンク

この記事では、アーロと少年について、

あらすじや公開日、原題、予告動画を紹介します。

スポンサードリンク



card696_arlo02

アーロと少年の公開日は?

アーロと少年の日本での公開日は2016年3月12日です!

ちなみにアメリカでは2015年11月25日

すでに公開されており世界で2億7千ドルの売り上げだそうです!

 

ディズニーの映画ですから、

いつもアメリカで先に公開されるのは仕方がないのですが、

アメリカの人はこれを4か月以上前に見れていたと思うと

ディズニー映画好きにとってはうらやましい気持ちになります(;´・ω・)

 

アーロと少年のあらすじ

arosyonenn

「もしも隕石が地球に衝突しなかったら?」

そんな恐竜が絶滅していない世界。

そして人間がまだ言葉を話さず、恐竜だけが言葉を話す世界のお話し。

 

臆病で小柄なアパトサウルスの子供アーロは、

家族で農園を作りながら暮らしていました。

ある日川に流され家族と離れ離れになってしまったアーロ

そこで言葉を話せない人間の子供「スポット」と出会います。

 

アーロは無事故郷へ戻ることができるのか、スポットの悲しい過去とは・・・!?

 

アーロと少年の原題

「アーロと少年」の原題は

「The Good Dinosaur」

というそうです!

gendai

「いい恐竜!」とてもシンプルですね(笑)

 

思い返すとディズニー映画はシンプルな原題が多いような気がします。

例えば、

「アナと雪の嬢王」 = 「Frozen」

「ベイマックス」 = 「Big Hero 6」

「塔の上のラプンツェル」 = 「Tangled」

などなど。

それに対して、日本で公開されるときには

主役キャラクターの名前がタイトルになっている

ことがとても多いことが分かりますね!

キャラクター名がタイトルになっていると、

キャラクターの名前も浸透しますし、イメージがわきやすいですね。

 

アーロと少年の予告動画

 

個人的な感想ですが、

アーロがとてもかわいいですね(^^♪

アーロは恐竜といえど子供ですから、あどけないしぐさも描かれるかもしれません。

そんなアーロがストーリー中でどんな成長を見せるのか楽しみです。

あと映像が超きれいですね!最近のCG技術はすごいです。

劇場のスクリーンで見てみたいと思わせてくれます。

大自然の壮大な世界観にマッチする音楽にも注目したいですね。

 

全体的に予告の宣伝文句を見ていると、

とても感動しそうな映画という印象を受けますね。

ただ、ベイマックスの件がありますからねー(;´・ω・)

予告に騙されてはいけないと思いつつ

内容もこの宣伝文句の煽り通り、

感動的なものになっていることを願っています。笑

 

日本語吹き替え版の主題歌は超有名なあの曲!

kiroro

日本語吹き替え版の主題歌は、

Kiroroの名曲をアレンジした「Best Friend ~Mother Earth Version~」

 

NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の主題歌として有名ですが、

実に15年ぶりにアレンジされて再録されたそうです!

アーロと少年の世界観にすごくあいそうですね!

この曲目当てで映画館に足を運ぶ人もいるかもしれません。



スポンサードリンク
【あわせて読みたい関連コンテンツ】

コメントを残す